男女

親日国のインドネシアで会社設立!市場動向調査がすぐにできる

親日の国でビジネス

オフィス

今、ASEANの国々への進出を計画している企業が多数存在しています。まだ、発展途上なイメージがありますが、抱負な天然資源が存在しているので、将来的なビッグチャンスが巡ってくる可能性が高いです。とくに、インドネシアは比較的日系企業が少ないので狙い時となっています。ASEANの中でも、人口が多い国に部類されているのと、経済発展が著しいからです。後々の利益増加が期待できるのを願って、インドネシア進出を計画してみましょう。

インドネシア進出に伴って、現地の事を知っておくのも重要です。どのような宗教が多いのか、歴史的にどのようなことが起こっていたのかを知っておくのも重要です。主流となっている宗教は、イスラム教です。実は世界最大のイスラム教徒が多い国ですが、日本と同じで人との和を重んじる国民性があるので、宗教トラブルが起きる心配は少ないです。それに、先ほど日本人と同じ気質を持っていると説明しましたが、これには歴史的に深い関係があるからです。外国から植民地化されたインドネシアでは、あらゆる文化が禁止されていた時期がありました。その過程で、日本統治の時代が一時期あり、喪失しかけた文化が復活したのです。そして、日本統治時代がおわり再び他国からの植民地化の脅威にさらされそうになった時に、現地に残っていた軍人が解放のために一緒に戦っていたと言われているからです。そのため、アジアの中でも親日の国となっているのです。

歴史的な背景や経済状況を把握すれば、インドネシア進出も成功する確率が高くなります。現地に精通しているコンサルティング業者を探しながら、お国事情を学んでからインドネシア進出を実行に移しましょう。